toggle
2019-06-10

6/20木 映画「ザ・トゥルー・コスト」無料上映会のご案内


「服に対して真の代償を払っているのは誰か?」、
ファッション業界の闇に焦点を当てた問題作、

映画「ザ・トゥルー・コスト ファストファッション真の代償」の
無料上映会を開きます。

チャンスなくて見逃している方、2度3度目の方もぜひ!
皆さまのご参加をお待ちしています。

日時:6/20(木)19:00上映開始
会費:無料
定員:15名程度

※プロジェクター使用。屋外の騒音などの影響はありますので、なにとぞご容赦ください。

お申込み&場所:
一生もんshop緑々あおあお tel093-533-0533 mail:info@ao-ao.net
お名前、人数、連絡先をお知らせください
※メールの場合、返信をもって予約完了です。返信がない場合は、お電話にてご確認ください。

<映画詳細>

映画「ザ・トゥルー・コスト ファストファッション真の代償」
監督:アンドリュー・モーガン 
配給:ユナイテッドピープル 特別協力:ピープル・ツリー
2015年/アメリカ/93分/カラー

http://unitedpeople.jp/truecost/

6年前、2013年4月24日、バングラデシュ、ダッカ近郊にある縫製工場
「ラナ・プラザ」が倒壊し従業員など1000名以上が亡くなり、
2500名以上の負傷者を出すという、悲惨な事故が起きました。

*********

倒壊したラナ・プラザは、ファストファッションの有名ブランドをいくつも請け負う縫製工場で、3000人を超す従業員が働いていました。欧米企業からの需要に応え、生産量を上げるため、工場を広げるコストをかけず鉄筋も使わず、4階建から8階建へ違法な増築を幾度も繰り返し、建物の強度に問題を生じているところへ大勢の従業員を寿司詰め状態で働かせていました。
事故前日の4月23日には既にビル全体に亀裂が発見されていたが、従業員の避難を許さず働かないと月給を払わないと脅し強制的に操業を続けたという。
その翌日崩壊は起き、1129名もの犠牲を出しました。

************

この映画の中でも描かれているこの事故をきっかけに世界中が
途上国でのアパレル産業、ファストファッションの裏側、
劣悪な労働環境や環境問題について、ようやく気づくことになりました。

わたしたちファッションをめぐり今何が起きているのか…
ぜひこの機会に、私たちを取り巻くファッションの現実について一緒に考えてみませんか?

上映後は、シソドワのバンベニ桃さんとの感想を語り合う時間もあります。
ご都合がよろしければ、ぜひこちらもご参加ください。

皆さまのご参加をお待ちしています。

 

 

 

 

関連記事